アンダーシンクとは

蛇口直結型と、据置型ではそれぞれ違うメリットとデメリットが有ります。
蛇口直結型は、省スペースというメリットがあり、浄水能力が低くカードリッジ交換のスパンが短いというデメリットが有ります。
据置型は、浄水能力が高くカードリッジの交換スパンが長いというメリットが有り、シンクのスペースをとるというデメリットが有ります。
家庭によっては、シンクにスペースが無いが浄水能力の高い浄水器が欲しいという場合もあります。そのような場合に適しているのが、アンダーシンク型の浄水器です。

アンダーシンク型の浄水器とは、流しの下に浄水器の本体を設置するというタイプのものです。
浄水器の本体があるため、高い浄水機能を維持することが出来ます。設置スペースが広いので本体が大きく、カードリッジも大型になり浄水能力が向上します。カードリッジの交換スパンも長いため、ランニングコストにも優れています。
また、浄水機本体を流しの下に設置できるため、シンクのスペースを取りません。物が少ないスタイリッシュな台所を実現します。
デメリットとして挙げられる点は、設置のためには工事が必要という点です。本体価格の他に工事費用がかかります。
初期費用が高いという点がありますが、カードリッジの交換スパンが長いので長期的な目で見るとお得になります。
設置には手間とお金がかかりますが、一度設置してしまえば、お安く手間をかけずに運用することが出来ます。
様々な浄水器の中から、自分に合った浄水器を利用しましょう。

ページのトップへ戻る